一生寄り添うことはマニアだけじゃ不可能

好きだから婚姻望む。

一生を寄り添う上で大事な胸中だ。


も、『フェチだけじゃ婚姻できない』って一心に言います。

依然ロマンスに恋してるような若い頃なら今ひとつせりふじゃないかなと思いますが、生きて色んなキャリアをしてると心づもりがわかって来る。

鳥獣をフェチだけじゃ飼えない。ここに置き換えて考えると伝わると思います。

鳥獣がフェチ→鳥獣を飼いたい→心配りがある→糞弁の心配り、食べ物の心配り、犬ならおウォーキング、疾病になったときの心配り、完了を見届ける対応。

進め方には愛が不可欠です。

自分の対応よりも鳥獣が優先。

フェチとは別にそのキッズに総合を注ぎたい、注ごうと思えるだけの愛。

鳥獣は人間よりも寿命が少ない。

けれども15ご時世20ご時世といった通じる鳥獣にとっての一生を助ける、寄り添う腹積もりがあるのか。嫌になって投げ出さないか?

それができるのは、ただフェチだけではなく己犠牲を苦ともふと望める胸中があるか。

婚姻も一緒で、好きだからではなく、標的の将来何があっても自分が支えたいと思えるか。

わたしよりも標的を優先して感じる事ができるか。

一番大事なのはそっちじゃないかなと思います。

その胸中が、好きではなく情愛なんだと思います。

一生寄り添うことは濃い愛がなければできない。

ただ好きでは厳禁。

忘れかけてた人間は思い出してほしい。

依然として知らない人間は、これからのコンタクトの中で見つけてほしい。予約でiPhone7を手に入れるコツ